薄毛を隠せる坊主ヘアーの長さ

HOME » 薄毛対策 » 薄毛を隠せる坊主ヘアーの長さ

薄毛を隠せる坊主ヘアーの長さ

・薄毛治療中は坊主ヘア―が長いままよりおすすめ
頭髪が薄くなってきたことを感じた人の中には、薄毛治療を始めている人もいるでしょう。
薄毛治療とは、医薬品のプロペシアを服用して治すAGA治療のことです。
AGA治療は、効果が出るまで時間が掛かるため、その間、薄毛の状態をなんとかしてカモフラージュしたいものでしょう。

・薄毛のカモフラージュ
薄毛のカモフラージュは、帽子やかつらで隠すより坊主にした方が衛生的にもいいです。
帽子やカツラは、頭皮を覆って湿度を高めてしまうため、雑菌がわきやすくなります。
坊主にすれば、頭皮に滞る湿気を減らすことができ、洗いやすくなるので、頭皮を清潔に保つことができます。
頭皮が清潔な状態になると、発毛サイクルが規則正しくなってきますので、薄毛の解消や予防に繋げることが出来ます。

・坊主ヘア―の長さは短めがいい?
薄毛を隠すための坊主ヘアーはできるだけ短く刈り上げる方が、地肌との境目が分かりにくくなります。
バリカンは長さを調整できるものがありますので、それを使って自分で刈り上げると散髪代も浮きますのでおすすめです。
抵抗がなければ五厘刈りまで刈れば、薄毛がかなり目立たなくなります。
強面にならないようであれば、スキンヘッドにするのもアリでしょう。

・坊主にした後の頭皮ケア
坊主にすると頭皮を洗いやすくなるので、清潔な状態を保ちやすくなるのですが、皮膚がむきだしになるので、紫外線対策には気を配らないといけません。
外から帰った時には保湿ケアをして、乾燥肌にならないよう注意します。
人によっては、紫外線で皮膚が荒れてしまうケースがあるようなので、そうならないようUVカットローションなどを塗って、保護することも大切です。
最初のうちは、あまり直射日光が当たらないよう、気をつけた方がいいでしょう。

・スキンヘッドにする時の注意点
スキンヘッドにまで、頭髪を剃り上げたら、ほとんど薄毛が目立たなくなります。
ただ、スキンヘッドにすると、人によっては怖い顔になってしまうことがあるので、気をつけなければなりません。
スキンヘッドにまでする必要はないので、坊主程度で留めておいた方がいいでしょう。

・薄毛の症状が現れやすい箇所
薄毛の症状が顕著にあらわれやすい部分は、頭頂部と前頭部です。
ここから次第に広範囲に広がっていくことが多いです。
どの程度のスパンで薄毛が進行していくのかというのは個人差がありますが、大体5年〜6年を目安に薄くなっていく事が多いです。
ですので、手遅れにならないためには、できるだけ早い段階で育毛対策を考えないといけません。